パスタが大好き。ご飯も好きですが、週の半分はパスタでも良いくらい。ごはんに色々なおかずが合うようにパスタもいろいろな食材が合いますよね。うちではトマトソース、ホウレンソウとベーコン、のパスタが一番登場回数が多いかもしれません。

>>前菜 >>野菜 >>お魚 >>お肉 >>パスタ・米 >>チーズ >>デザート

タコのマリネの冷たいスパゲティ

カッペリーニという極細麺はそうめんに似ています。夏の暑い日は酸味のある魚介類マリネの冷たいパスタも美味しいです。きゅうりは塩でもんで水分を搾りました。オリーブオイル、レモンかビネガーか普通の酢でも、塩コショウ、ケイパーを入れるのもスキです。ワカメも入れると何となく和風。タコは茹でてあるものを好みの厚さにスライス。ぶつ切りでも良いかも。

前菜としても、サラダとしても、ライトなメインとしてもいけそうです。スパークリングやミュスカデなどはどうでしょ。


菜の花とはまぐりのスパゲティ

西巻真氏の「365日スパゲティ上手になりたい」という本の中から、ひな祭りにちなんではまぐりを使ったレシピを試してみました。あさりもいいけど、はまぐりもやさしい風味でとても美味しくできました。菜の花は1分ほど麺と一緒に茹でて、はまぐりと共にフライパンで和えました。西巻氏の本は2冊持っています。

ひな祭りのイメージでロゼワインとともに。シャンパンやロワールのミュスカデなんかもいいかも。


カニのトマトクリーム スパゲティ

パスタの本のレシピから作ってみました。とても美味しくて何度か作りました。カニが高いので勇気がいります。缶詰の時も、ゆでてあるカニを使うときもあります。ポイントは小さじ半分くらい入れるカレー粉です。生クリームも入れるのでコクのあるパスタ。生のトマトを使います。

バニラ香のあるボディ厚めの白ワインとの組み合わせが好きです。でもこの写真ではやさしい雰囲気のあるモーゼルの辛口ワインです。


キャベツとオイルサーディンのスパゲティ

アンチョビじゃなくて、オイルサーディンです。キャベツはパスタと一緒に3分ほどゆでて手間いらず。にんにくをオリーブオイルで炒めてオイルサーディンは缶の中身全部入れます。

スペインのモナステリオ・デ・サンタ・アナ・モナストレルという赤ワインを合わせてみました。


ビビンパ

手抜きをしたいときに作る料理のひとつです。市販のナムルを買って、ひき肉は甘辛く煮てごはんに乗せます。玉子はレンジで黄身が固まらないようにチンしています。混ぜ混ぜしていただきます。

写真はボルドーの赤ワインです。ひき肉の甘辛い風味が強いので重めのワインにしました。というよりボルドーのワインが飲みたかっただけなのです。キムチも乗っているので繊細なワインは負けてしまいそうです。


ちらし寿司

たまにはごはんもの。簡単なので、ちらし寿司(というより海鮮丼)をよく作ります。ひな祭りにはまぐりのお吸い物を添えて。白身の刺身が好きです。

お刺身やお寿司にはシャンパンをよく合わせます。ミネラル分ゆたかな白ワインならいろいろ合いそうです。シャブリ、ミュスカデなど。和食繋がりで甲州とか。日本のスパークリングも。


カルボナーラ

パスタをゆでて、別途ボールに玉子、パルメザンチーズ、生クリーム、炒めたベーコン、塩コショウを混ぜたものと和えます。玉子はもったいないので全卵を使ってしまいます。ベーコンを炒めるのが面倒な時はトースターで焼いてしまいます。そうするとフライパンを使わずにすむし。
生クリームやチーズをどれだけ贅沢なものを使うかで風味が違うかも。ベーコンじゃなくてパンチェッタを使うと本格的かも。

チリのボディ厚めの白ワイン(シャルドネ)やブルゴーニュのお手軽な白も良いかと。


ミートソーススパゲティ

お肉をたくさん入れて手作りするとリッチなボローニャ風に。トマト缶を手軽に使います。ブラックオリーブを入れることもあります。月桂樹の葉っぱは必ず入れて煮込みます。奥に見えるグリーンのおつまみはアボカドディップを乗せたパンです。

ロマーニャのワイン?ランブルスコは甘そうだけど。写真はキャンティです。


中華風野菜炒めファルファッレ

ピーマン、にんじん、キャベツ、ほうれん草、ネギ、きくらげなどをごま油で炒めて中華だしやしょうゆ、オイスターソースなどを使って中華風な味わいに。リボンの形のかわいいパスタ、ファルファッレとともに。

別にファルファッレでなくても良いのですが、時々ショートパスタも食べたくなります。この日は甲州とあわせましたが、ロゼも合うと思います。


豚しゃぶ冷製パスタ

暑い日には冷たいパスタが恋しくなりますが、ボリュームがあってヘルシーな冷たいパスタは食欲増進。紫たまねぎを薄くスライスしてトッピングしました。ケッパーやピンクペッパーでアクセントを。ポン酢でさっぱりと。

酸味の爽やかな辛口の白ワインや軽めの赤ワインもよいのでは。写真はロゼを合わせています。あさつきやみょうがなど和風な香味野菜をトッピングしたら日本のワインも楽しいかもしれません。甲州やマスカットベリーAとか。


ホウレンソウとベーコンのスパゲティ

この写真では麺もホウレンソウ入りですが、いつもは普通の麺を使っています。ホウレンソウとベーコンの組み合わせも黄金コンピ。上に乗っているのはたまたまあったパルメザンチーズペーストです。粉の変わりに。

写真のワインは甲州です。和風な気分の時はやはり飲みたくなってしまいます。甲州の爽やかで、青っぽい香りがあるのもこうしたメニューに合うと思います。


なすとトマトのスパゲティ

なすとトマトのスパゲティ

なすがやわらかく仕上がると本当に美味しいです。トマトソースとの相性もぴったり。あればオリーブを入れたり、ズッキーニも入れたりします。パルメザンチーズをふりかけます。

こういうパスタの時はあまり気を使わなくて、好きなカジュアルなワインを飲みます。キャンティはもちろん、コートデュローヌやプロヴァンスなどのお手ごろな赤ワインで元気良く。


>>前菜 >>野菜 >>お魚 >>お肉 >>パスタ・米 >>チーズ >>デザート